高岡商工会議所青年部 HOME » お知らせ・新着情報 » DISCOVER TAKAOKA~観光の可能性を発見~

お知らせ・新着情報

DISCOVER TAKAOKA~観光の可能性を発見~

国は観光を重要な成長分野と捉えていますが、高岡ではその意識がまだ高くは無い状況です。地域を活性化し、豊かにしていくには、多くの人が観光へ前向きに取り組む必要があるのではないでしょうか。
本例会では、地域を盛り上げていく為に観光が重要なツールであり、伸びしろがあることを様々な事例で学び、体験することで意識を高め、可能性を発見していただきました。そして、その発見を今後、前向きに実践する為のきっかけとし高岡の発展へと繋げることを目的として開催されました。


会長挨拶
皆さんは観光にどういったイメージを持たれてますでしょうか。多くの方は自分の仕事には関係ないのではないかと考えておられる方が多いのではないかと思います。しかし、観光には決まったものがなくなってきているように感じております。一昔前までは今高岡を代表する伝統産業の会社でも下請けばかりで売り上げがなかなか上がらなかった時代がありました。しかし今は人に見てもらう観光という形にすることによってお客さんが来て顧客となり盛り上がっている、そんな状態であります。今日は講師の方々から様々な事例をお聞かせいただきます。その中で皆さんの会社でも観光に携われる部分があるのではないかという発見が必ずあるはずです。是非そういったものを持ち帰っていただきまして明日から自社に取り入れることで自己・自社そして高岡の豊かさに繋げていただきたいと思います。

基調講演
テーマ:地域から考え活性化させる必要性の発見
講 師:株式会社 玉造温泉まちデコ 代表 角幸治氏

基調講演では地域を再生、活性化させた実績のある講師を招き、事例を交えながらご講演いただきました。地方都市における問題点や可能性に気づき、地域を豊かにしていく具体的な方法や強い想いを学ぶことで、観光の可能性を発見してもらうことができました。
講師は「町に魅力さえあれば、自ずと人が歩き、店が増える」と強い信念をもっておられました。ゴーストタウンだった玉造温泉に危機感を覚え、行政のみに頼らず、旅館のオーナー達で民間のまちづくり専門会社「玉造温泉まちデコ」を立ち上げ、地域の再生に力を尽くした結果、10年間で店舗数を18店舗から38店舗に増やされました。旅館稼働率を年間平均30%から70%まで延ばした実績を基に、地域を活性化させる為の考え方や取り組みについて、失敗談も交えながらリアルな現場の声を御講演いただきました。

観光発見事例セミナー①
テーマ:伝統工芸の理解と周知
講 師:辻 悟氏(株式会社工房ヤマセン辻仏壇)

伝統工芸を身近に感じてもらい、周りから周知していく行動が結果として大きくなり観光として成りたち、自社にかえってきた事例を展示品の紹介と共に体験を交えご紹介していただきました。

観光発見事例セミナー②
テーマ:自社の強みから観光商品へ
講 師:吉森 順一氏(株式会社吉森ガラス)

自社の強みを活かし、考え行動し観光への取り組みに結び付いた事例を展示と動画を交え紹介していただきました。

観光発見パワーランチ

観光革新委員会で制作した高岡昆布〆寿司を体験し、テーブルごとに「観光発見シート」をディスカッションしながら記入し、今後の観光への携わり方を考えました。
本例会を通して、会員がそれぞれが観光の可能性を発見することができました。

高岡YEGの事業をウォッチングしたい方におすすめ!!
https://www.facebook.com/takaokayeg/

当会には魅力的な会員がたくさんいます!!
https://takaoka-yeg.com/blog/

お知らせ・新着情報

PAGE TOP